蒲郡 古民家再生

概要 ●工事内容 築110年の古民家を再生

   ●延床面積 230㎡

   ●設計・施工 小林住建(※小田設計事務所 協力)

   ●主な仕上げ 外壁:杉板鎧張り 屋根:三州瓦 床:楢 壁:漆喰 天井:杉板

          建具:杉(一部古建具仕様)

築110年の古民家を耐震・断熱を含めてリノベーションしました。腐食していた柱や土台は取替えて、良いところは残して現状の趣はなるべく変えずに新しくしていきました。

その為、新しい部分と古い部分がうまく調和するように使う木材などを吟味して使っています。

トラック レッカー 電動工事 など今では当たり前の道具がない時代にこれだけの大木を使って家を建てた先人の知恵に改めて驚かされます。