懐かしくて新しい、そんな家っていいなぁ。

なんだかほっとする…

 

久々に生まれ育った家に帰ってきたような、懐かしさがそこにはある。

 

匂い、肌触り、その光景をけして忘れる事はない。

目、手、鼻、そして心が全てを記憶している。

 

ただ懐かしいだけではなく、「今」を自分らしく生きるためにリフォームをする。

古き良きものを生かして、新しい価値観と生活をそこに築く。

蒲郡市 M様邸のリフォームの例

使われなくなった家の良いところは活かして悪いところを直し、古きものがより輝くお家になりました。古い部分と新しい部分が上手く調和した落ち着きがあり、少し懐かしい雰囲気の家に生まれ変わりました。

創建当初の梁を残して…

伝統的な日本家屋を彷彿とさせる立派な梁。これを生かすべく“魅せる”梁へと再生しました。

新たな装いと梁の曲線が醸し出すおもしろさにより、「過去」と「現在」が共存する個性的な部屋となりました。古くて新しい部屋の完成、そして新たな「価値」の誕生です。