森から生まれた家

先祖代々受け継がれた森の木を伐採し、大工が柱の木目、

乾燥具合など一本一本柱を見極めて伝統工法で建てた住宅です。 

 

築100年近く経つ家は、老朽化がひどく本当に悩んだあげく、

思いきって建て替える事を決断しました。 

そこで、考えた家づくりは先祖代々受け伝いだ森の木を使った家造りでした。 

 

ちょうど、先祖が植えた木は60年~100年近く経ち住宅の構造材に使うには

申し分のない木へと成長しており、先祖が建てた家を壊して、

今度は先祖が植えた木を使って【思い】を引き継ぐ家づくりがスタートしました。 

大工が木を一本一本見極めて、一本の木から柱・梁・野地板・化粧板など

余す事なく丁寧に使い、施主の【思い】と大工の【思い】が形となりました。