小林住建の作品。住む人、住む環境、それぞれのシーンに合わせて“家”は創造される。